産後は肌のバリア機能が低下して敏感肌に....

産後は肌のバリア機能が低下して敏感肌に....

産後の体の状態ですが、妊娠中に大量に分泌されていた女性ホルモンが激減するため体のいたるところにその影響がでてきます。 髪の毛が抜け落ちるなんていうのもそのひとつですよね。


肌の状態もこの女性ホルモンの減少の影響を受けて肌を外部刺激から守り、水分を保持しているバリア機能が低下するので、 乾燥しやすくなりますし、刺激に対して弱くなってしまいます。


肌のバリア機能が弱くなれば紫外線の影響も受けやすくなりますから当然、シミやそばかすなどもできやすいということです。


肌のバリア機能が低下したまま放置しておくと、刺激を受け続け、肌はうるおいがなくなってカサカサという状態がつづくわけですから 当然、肌細胞はダメージが蓄積されてしまい、肌老化がすすんでしまいます。出産を機に老けてしまう理由の1つといえるかもしれません。


子供がある程度、手がかからなくなるまでは正直な話、スキンケアに時間もお金もかけられませんが、最低限の保湿と紫外線対策を含む美白ケアはやっておいたほうが、あとになって後悔しないで済むと思います。


実際、産後のお肌のお手入れをもっと頑張っておけば...と昔を振り返って嘆いている方は多いです。

産後スキンケアは敏感肌用の美白クリームを使うのが効果的

産後スキンケアは敏感肌用の美白クリームを使うのが効果的な理由

産後の肌はデリケートになっているし、摩擦を与えるとシミや肝斑が悪化しやすいし、乳飲み子がいて目が離せないしということになると 時短ケアの代名詞であるオールインワンゲルが気になっている方もいるはず。


それなりに美容成分が配合されてますし、敏感肌用というのもあるし、美白効果があるものもある。何よりスキンケアが1ステップで終わるというのは魅力ですよね。


製品の特長などをみるとオールインワンゲルはまさに産後のスキンケアにぴったりだと思うんですが、 「スキンケアを1ステップで終わらせること」だけをみれば別にオールインワンゲルじゃなくてもいいんです。


例えば洗顔後、敏感肌用のクリームを使うというのでも1ステップケアは可能です。今のクリームは美容液と遜色ないほど有効成分を配合しているものもあるので、 敏感肌用のクリームだけを使った1ステップケアでも充分なスキンケア効果を得ることができるんですね。


産後の肌のバリア機能が弱って刺激を感じてしまう肌にもクリームなら肌触りが柔らかいので使うのに負担もありませんから安心して使えるはずですし、 敏感肌用であればなおさら刺激に対する心配もないと思います。


バリア機能を修復する保湿力と産後のシミを防ぐ美白作用、それでいて低刺激というハイスペックな敏感肌用のクリームがあるので、 肌老化させずに済むと思いますし、肌の調子が戻るまでの期間を短縮させることもできるのではないかと思います。


「保湿×低刺激×美白」のクリームって?! 詳細はコチラ
Copyright © 2014 産後のシミ対策用美白化粧品ガイド~今注目の3商品を解説!· All Rights Reserved·