女性ホルモンの乱れがまねく「肝斑」という問題

女性ホルモンの乱れがまねく「肝斑」という問題 紫外線や活性酸素、空気中の化学物質、肌への摩擦などメラノサイトを活性化させてメラニンを生成してしまう原因はいろいろありますが、 女性特有といっていいのが女性ホルモンの乱れによるものです。


いわゆる「肝斑」というのは女性特有のシミといえると思います。


女性ホルモンが大きく変動するときというのは、主に「妊娠中」「産後」「生理前」「更年期」がありますが、 これらの時期にモヤモヤした色ムラが両頬にでてくるのが肝斑になります。


女性ホルモンのなかでも黄体ホルモンの影響を受けていると考えられるので黄体ホルモンが急激に増える妊娠中が一番目立ちますが、 エストロゲンが急減する産後や更年期なども肝班がでてきやすいと思っていたほうがいいです。


ホルモンバランスというのは日常のちょっとしたことでも乱れるのでダイエットやストレスにも気をつけないといけません。 産後は妊娠中の黄体ホルモンの影響がまだ残っているということや慣れない育児や睡眠不足が肝斑を長引かせる原因になっていることが多いというのは覚えておいたほうがいいです。


ストレスと紫外線は肝斑を悪化させる要因になるのでこの2つに対する対策はぬかりなく行うようにしましょう。


妊娠中にできてしまったシミ、肝斑に! 産後のシミ美白に厳選3商品!

肝斑を予防する方法や出来てしまった後の対処方法

肝斑を予防する方法や出来てしまった後の対処方法

女性ホルモンの乱れが原因である以上は、できるだけホルモンバランスを安定させるというのが肝斑対策で一番重要なことです。 規則正しい睡眠とバランスの良い食事というのが何より基本になります。


美白化粧品でのケアは効果的なので肌に刺激・摩擦をあたえないようにやさしいタッチでケアするようにしてください。 想像しているよりもずっと簡単に肝斑は摩擦の影響をうけて濃くなるので細心の注意を払うようにしてください。


「妊娠中」や「産後」のホルモンバランスというのは、こちらでコントロールしようがないので常に対策は後手後手に回ります。 しかし、「生理前」「更年期」の場合にかんしてはある程度、先手を打つことができます。


例えば体重を管理すること、運動をして骨盤内の血流をスムースにしておくこと、イソフラボンや漢方の「当帰」などを利用することで 卵巣の状態を快適に保っておくとエストロゲン作用を高めたり、ホルモンバランスの変動幅を抑えられるので肝斑への影響を軽減することができます。


美白ケアにプラスしてこうした根本的な原因であるホルモンバランスを安定させることを並行してやっていかないとなかなか肝斑はよくなっていきません。 なかなか効果がでないことにイラだっても肝斑がよくなることはないので「焦らず地道に根気よく」やっていきましょう。


産後の揺らぎやすい肌にも安心! 低刺激の美白ケアのコツ
Copyright © 2014 産後のシミ対策用美白化粧品ガイド~今注目の3商品を解説!· All Rights Reserved·